試合終了後・校歌斉唱の写真

【新春企画】清水哲氏インタビュー

数年前から交流させて頂いているPL学園野球部30期生・清水哲氏にお話しを伺いました。

長時間、お話を伺うのは初めて。楽しみでもあり、緊張もしましたが、哲さんの飾らない人柄のおかげで、終始和やかなムード。


−PL学園時代の思い出は?

中村順司監督(現名古屋商科大監督)は、グローブを嵌めると現役のPL学園の選手より上手かった。

西山正志コーチ(現大阪学院大監督)は、バットを振るとホームラン。

野球の技術で、選手を納得させるものがあった。

寮生活を通じて、コミュニケーションや人間関係、上下関係や絆を学びました。

人脈は現在でも続いていて、今年の哲和会(1月9日)には約60名が、参加して頂けます。

現在のPL学園にも、良い伝統は引き継いでほしいです。


−PL学園出身の選手が卒業後、活躍される理由は?

“PL野球”は野球だけじゃない。球道即人道。人間性、人柄の良さ。

横浜ベイスターズで尾花さん(21期生)が、PL学園出身初の監督をされますが、

1月中旬にPL学園野球部OB会で、尾花さんが講演をされるんです。

今後、桑田(元パイレーツ)・清原(元オリックス)・立浪(元中日)・宮本(ヤクルト)が監督をするでしょうから、

日本の野球界をリードすることになると思います。


−桑田・清原氏はどんな方ですか?

桑田は、普通の人間。良いところもあるし、悪いところもある。

清原は、ありのまま。


清水哲氏の写真1


現在、清水哲氏は父が創設し、ご自身の出身チームである「守口セネタース」(小学生・軟式)の指導をされている。


−指導をされてみてどうですか?

理解できる子と理解できない子がいる。理解できる子は、目に訴えかけてくるものがある。

今の子は指示待ちの子が多い。

怠慢プレーをされると、PL学園時代・中村順司監督が、怠慢プレーを許せなかった気持ちがよくわかりました。


−今後の夢や目標は?

自分にできることで、恩返しすること。

私が教わった野球の技術や精神を、後世に伝えたい。

野球の指導者や顧問のお話があれば、是非ともさせて頂きたいです。


−著書「車いすの不死鳥」について?

壁を乗り越えようとする時、挫折しそうになった時などに、

気軽に読んで頂ければ、嬉しく思います。


車いすの不死鳥

車いすの不死鳥―絶望の淵から夢を追って

清水哲著 出版:主婦と生活社 税込価格:\1,365(本体:\1,300)

清水哲氏のホームページ


【編集後記】

お話を伺う前の清水哲さんのイメージは“素”でした。お話を伺うとイメージしていたより更に“素”

質問させて頂くと、的確に答えて下さり、あっという間に時間が経過しました。

野球に対する愛情やプライドは高く、表舞台を踏まれた経験、エリートコースを歩んでこられた方ならではの“志の高さ”を感じました。

大学時代の試合中の事故で、プレーすることはできなくなりましたが、

その後も、野球を愛し続けられている姿勢は変わりません。


今回、哲さんにお話を伺おうと思ったのは、「車いすの不死鳥」を読んで、感銘したからです。

「車いすの不死鳥」は昨年6月に発売されましたが、

私は、哲さんの前著「桑田よ 清原よ 生きる勇気をありがとう」を読んでいましたので、

「車いすの不死鳥」も前著と同じような内容ではないか?と思い、発売後もすぐには読もうと思いませんでした。

知人に「絶対、読んだ方がいい」と薦められて、昨年末に読みました。

前著と違い、哲さんの日常生活、成長されていく姿が克明に綴られています。

私は手元に置いて、何度も読み返しています。


いつの日か、PL学園が全国制覇を果たし、哲さんと喜びを分かち合える日が来ることを信じています。


清水哲氏の写真2


ALL PLのコピーライト